会社紹介

ロゴマークについて

新社名「フューチャーエナジー(FUTURE ENERGY)」のロゴマークは「大地の緑、豊かな水のブルー、太陽に象徴されるエネルギーのオレンジと黄色」が地球全体に広がっていくイメージを、社名の頭文字の「F」をアレンジして表現したものです。
豊かな未来を支えるという役割を担う事で、社会に貢献していきたいという気持ちの表われです。

会社情報

会社名フューチャーエナジー株式会社
英文表記FUTURE ENERGY CORPORATION
本社所在地千代田区丸の内1-11-1 
パシフィックセンチュリープレイス丸の内8階
電話番号03-6860-8638(代表)
設立2002年3月28日
資本金53,150,000円(9月1日時点)
事業内容有機廃棄物減容装置の製造・販売
環境関連機器の販売
その他関連業務
株主株式会社ディスカバリー
役員代表取締役会長: 大屋廣茂
(株式会社ディスカバリー 会長)
代表取締役社長: 浅井 宏
製造委託会社株式会社長山鉄工所

会社沿革

2002年3月「東京食品リサイクル事業協同組合」を設立。
食品リサイクル法に対応する装置を開発・製造・販売する。
2004年12月江戸川区葛西に1日4.5トンの食品残渣を処理するプラントを建設、運営する(「東京エコ発電センター」、2012年3月売却)。
2008年5月台場の温浴施設「大江戸温泉物語」に小型バイオマス発電装置「エコジェネ」を導入、稼働させる(2014年4月撤去)。
2009年7月組合を日本エコ電力株式会社に変更する。
2011年4月月島機械㈱と食品残渣破砕機の販売で業務提携。
2012年4月経済産業省が再生可能エネルギー(電力)の買い取り価格を決定する。
当社はメタン発酵ガス化発電装置の製造会社として注目される。

2013年6月月島機械㈱と湿式破砕機のライセンス契約を締結、新潟市などの下水道施設向けに湿式破砕機を納入。
2014年9月在日米軍調達本部と取引できる登録会社の資格を獲得。
2015年4月社名をフューチャーエナジー株式会社に変更する。
2016年9月ディスカバリー・グループと提携する。
2018年9月有機物減容装置の開発に取り組む。
2019年5月本社をパシフィックセンチュリープレイス丸の内8階(東京都千代田区丸の内1-11-1)に移転する。
2019年8月大手外食企業の協力を得て、食品残渣減容装置の試作機が完成する。
完成品を作るために、さまざまな廃棄物の分解テストを行い、2021年の販売に向けて、性能向上につとめる。
2021年4月名古屋市で「電子リサイクルシステム」801型の発表会と製品説明会を開催する。
2021年11月岐阜県の合成樹脂原料製造販売の大手企業から、第一号の注文を受ける。